会社紹介

岡本織布工場は大正元年創業し、綿織物の織元として現在に至っております。主に徳島市の伝統工芸品に指定されている阿波正藍・しじら織、そして力織機で織るデニム生地、阿波紬、等を生産・販売しております。

阿波正藍染とは

阿波正藍染とは、恵まれた阿波の風土と惜しみない手間と時間をかけた伝統の「技」によってつくり出されます。 阿波で栽培された植物「藍」を伝統ある醗酵建技法により染色され、その色調や風合いはそれを手にした人々の心と体に潤いと美しさを与え郷愁の香りを感じさせてくれます。

阿波正藍しじら織とは

「阿波しじら織」は、シボという独特の凹凸で、縦糸と横糸の本数と組み合わせによる張力差により生み出されています。シボがあることで、肌触りがよく、軽くて着やすくなり、汗をかいても肌に張りつかないため、特に夏のクールビズ衣料として重宝されています。

Products