会社紹介

岡本織布工場は大正元年創業、綿織物の織元として現在に至っております。主に伝統工芸品に指定されている阿波しじら織、そして力織機で織るデニム生地、阿波紬、等を生産・販売しております。

徳島県無形文化財指定書 第194号

ショップ

藍布屋は、岡本織布工場製品のショップとして平成元年に国道192号線沿いにオープンしました。阿波しじら織生地、スカーフ、ジーンズ、インテリア小物、等そしてギフト製品も取り揃えております。

所在地徳島市国府町和田字居内161
TEL088-642-0062
FAX088-642-0677
営業時間10:00~16:00
休業日
藍染体験料金1000円~
※3日前までに予約(5~20名)
駐車場有り

機(はた)

糸を織物に織りあげる機械のことで、経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を交互に組み合わせる「製織」工程(=織り)を機能的に行う機械を織機と呼び、人力で織る手織り機と機械動力で織る力織機があります。また、これを「はた」(機)とも呼びます。

工場風景

Translate »