阿波正藍染とは


徳島県の藍染は、江戸時代になって阿波の藩主、蜂須賀至鎮の奨励によってこの地で隆盛を極めました。この地の藍はその品質のよさから『正藍』ほかの地の藍は『地藍』と呼んで区別され、全国各地で珍重されてきました。藍染めの方法には、生葉で染める「生葉染め(なまはぞめ)」もありますが、徳島県の藍染めは、阿波藍を原料にして、「発酵建て」という方法で染められます。
藍は、単色ではなく、青あい、紅あい、紫あい、黒あいなどの様々な色から作り出されています。
一度で濃い色に染められないために、染める、絞る、乾かすの工程を、何度も繰り返しています。一般に、阿波正藍染は30回ほど水洗いした後に本来の色合いが出てくると言われていますが、水洗いのたびに調和のとれていない色が落とされて、深みのある色が醸し出されていくのです。また、防虫効果があるとされる独特の香りも、四季を経るごとにその味わいを増し、着る人に安らぎを与えてくれます。

昭和43年に「阿波正藍染法」として、県の無形文化財に指定されており、阿波正藍染は生活の中で磨かれてゆく染め物です。

原料である阿波藍
葉藍を細かく刻んで発酵させて作られる「スクモ」
「スクモ」を灰汁などで溶解し(藍建て)、できあがった染液
染液に布を浸け、空気にさらします

藍染の色